光通信の工事は

「光通信を始めるには」のページで紹介したように、光通信は専用の光ファイバー線の引き込みが必要となります。
通常の一般家屋の場合、電話配管が敷設されており、そこを通して家庭内に配線しますが、中にはその施工がされていない家屋もあるようです。
そうした家屋の場合は、 ○エアコンダクト等の既存の壁の穴を利用して引き込む。
○新たに専用の貫通穴を開け、そこから引き込む。
のいずれかで、戸建て向けのタイプの光回線の引き込みが可能となります。
ただ、電話線など配管に余裕があれば、問題なく光回線は引き込むことができますので、さほど心配する必要は無いかと思います。
最近の新築の一戸建てやアパートなどは、建てる際に光ファイバーが既に引き込まれているケースもあり、特別な場合を除けば、工事もスムーズに終了するようです。
ただ、まだ光ファイバーが引き込まれていないマンション・アパートの場合には、申込みをしてから1ヶ月~数ヶ月は待たされる場合もあります。
以上のように、光通信は専用の工事が必要ですが、そんなに大がかりでもなく、光ファイバー線も思った以上に細いので、工事は意外と簡単にでき、動画を中心としたインターネットをストレスなく観ることができるでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 光通信で快適インターネット! All Rights Reserved.